本文へ移動

法人の歩み

聖ヨハネ学園物語

荒波の中を約20日間・・・

ミス・リーラ・ブール肖像画

大阪聖ヨハネ學園乳児部

天王寺区細工谷時の学園

明治38年当時の学園

昭和19年当時の学園(現在地)

沿革(聖ヨハネ学園の歴史)

 
1889年
(明治22年)
11月、米国聖公会より派遣されていた宣教師、リーラ・ブール女史の指導のもと、大阪聖ヨハネ教会の婦人会は大阪市東区石町に2名の孤児を収容し、貧院(後の救児院)を創設。
1890年
(明治23年)
名称を「大阪救児院」と改める。1901年(明治34年)社団法人として認可を受ける。1905年(明治37年)天王寺区細工谷に1500坪の土地を求め、新築移転。
1906年
(明治39年)
名称を「大阪聖約翰(ヨハネ)学園」と改称する。
1924年
(大正13年)
創始者リーラ・ブール女史昇天(78歳)
 
1928年
(昭和3年)
小児保健所を開設。育児相談所を開設。
 
1934年
(昭和9年)
財団法人として認可される。
1936年
(昭和11年)
高槻市服部にキャンプ地として13、000坪の土地を購入。
1942年
(昭和17年)
 
財団法人「高志学園」と改称。
1944年
(昭和19年)
疎開の為、高槻市の現在地に移転。
 https://ssl39.dsbsv.net/yohane-g.jp/files/libs/4485/201906121250582782.jpg
1948年
(昭和23年)
財団法人「聖ヨハネ学園」と改称。
 http://yohane-g.jp/files/libs/4484/201906121250466614.jpg
1952年
(昭和27年)
財団法人を解散し、社会福祉法人となる。
1971年
(昭和46年)
5月「下田部保育園」を開設。
1976年
(昭和51年)
 
2月、心身障害児(者)短期入所施設「聖ヨハネ養育センター」を開設。
1981年
(昭和51年)
5月、特別養護老人ホーム「ミス・ブール記念ホーム」を開設。
1989
(平成1年)
法人創立100周年。
12月、高槻市委託事業として、高槻市立障がい者福祉センター(愛称:ゆう・あいセンター)にて、デイサービス事業を開始。
1999年
(平成11年)
5月、ミス・ブール記念ホームにデイサービスセンター、ヘルパーステーション、在宅介護支援センター事業を増設。
2003年
(平成15年)
4月、高槻市指定管理事業「高槻市立うの花療育園」を開設。
2006年
(平成18年)
在宅介護支援センターを廃止。
高槻市清水地区包括支援センターとして受託。
2007年
(平成19年)
聖ヨハネ養育センターを発展改組し、建屋を新築。
「地域生活支援センター光」を開設。
2010年
(平成22年)
 
下田部保育園を全面改築。
2012年
(平成24年)
4月、ミス・ブール記念ホーム「地域密着型小規模特養」開設。
2012年
(平成24年)
4月、聖ヨハネ子どもセンター(コアラ教室)開設。
2012年
(平成24年)
4月、託児所「エンゼル園」開設。
2015年
(平成27年)
エンゼル園が地域型保育の「事業所内保育施設」として認可。
うの花療育園創立10周年。
2016年
下田部保育園創立45周年。
2017年
(平成29年)
地域生活支援センター光、創立10周年。10月に創立10周年記念旅行を実施。
 
2019年
(令和1年)
法人創設130周年。
 
TOPへ戻る