本文へ移動

法人の宝箱 (職員の研修報告)

3年目職員研修発表

社会福祉法人聖ヨハネ学園では、3年目以上の職員に対して、自分の3年間を振り返り、職場での工夫や改善したことをレポートにまとめて提出していただき、それを法人全体研修会で発表しています。新任より働き始めて3年も経つと業務も一通りできるようになり、マンネリ化しつつありますが、レポートを作成することで3年間を振り返ることができ、自分の次の目標も見つけることができると考えています。
職員個々の育ちや成長の記録がいっぱい詰まっていますので法人の宝箱になってます。
ぜひご一読いただけましたらうれしいです。

中堅職員研修発表

社会福祉法人聖ヨハネ学園では3年目の職員と中堅(6年以上)の職員にレポートを課しています。
3年目レポートでの気づきや思いを中堅でどのように深めているか、是非ご一読ください。

法人特別セミナー

法人の原点を考えるというテーマで、2007年に法人特別セミナーを開催しました。
井上 美津氏の基調講演「聖ヨハネ学園のルーツを語る」から始まり、第二部では法人の関係する方々をシンポジストに招き「福祉の心構えと、未来展望を考える」をテーマにのシンポジウムを開催しました。テープ起こしをして記録をいたしましたので、ご一読いただけましたら幸いです。
TOPへ戻る