本文へ移動

法人の理念

「いのちが かがやくために」

指針

ご利用者が かがやくために

私たちは、ご利用者一人ひとりの尊厳を平等に守り、心をこめてそれぞれのニーズを受けとめ、それぞれの人がその人らしく、より豊かに主体的に生活されるよう、精一杯の努力をします。

地域と共に かがやくために

私たちは、広く社会の信頼にこたえるため、法令を順守するとともに、熱意と良心をもって、関わりのあるすべての人々と協力し、地域とひびき合う福祉ステーションとして地域社会に貢献します。

職員が かがやくために

私たちは、創始者リーラ・ブールの働きを受け継ぐものとしての自覚をもち、心身の健康管理と自己研鑽に努め、向上心をもって日々の業務を工夫しつつ、それぞれの専門性を高めるよう努めます。

職場が かがやくために

私たちは、創立以来の伝統である「愛」の精神に基づき、勤務形態・勤続年数・職種・職位・立場をこえて互いに認め合い、学び合い、より明るく生き生きと働ける職場を築きます。

シンボルマークの由来

聖ヨハネ学園のシンボルマークは
学園と地域社会がひびきあう楽器「ハープ」と、
楽しく暮らすシンボルの音楽を表わす「ト音記号」、
そしてゆたかに育ち花ひらく「バラ」とを
組み合わせてデザイン化しています。「バラ」には
「あなたは愛すべきもののすべてである」という
花言葉があって、聖ヨハネ学園の理念を表わしています。
TOPへ戻る